焙りたて、挽きたて、淹れたてのコーヒーをCAFE BONFINO(カフェ・ボンフィーノ)

秋葉原の昭和通り沿いに面した場所にある「CAFE BONFINO(カフェ・ボンフィーノ)」。ブラジルの民家をイメージした店内では、目の前で自家焙煎される本格コーヒーを心ゆくまで味わうことができます。

ブラジルの民家をイメージ

秋葉原駅から程近い場所にある「CAFE BONFINO(カフェ・ボンフィーノ)」。
シンプルなエントランスに足を踏み入れると、コーヒー豆を連想させるブラウン系のインテリア。
温もりの感じられる空間が広がります。

【CAFE BONFINO】店内

焙煎機でローストされるフェア・トレードの豆

【CAFE BONFINO】焙煎機「CAFE BONFINO(カフェ・ボンフィーノ)」の豆が作られているのは、ブラジルの中央高原地帯“セラード”。1985年に誕生した農園の規模は、約200ヘクタールと広大です。雨季と乾季がはっきりしているため、収穫時期に雨が降ることが少なく、湿気などでのダメージを受けることはありません。有機肥料で大切に心をこめて育てられた木は、赤い実りという形で結実します。その豆が産地直送で運ばれてきています。

五感で味わうコーヒー空間

【CAFE BONFINO】コーヒーお店ではコーヒーの味はもちろん、店内のBGMにも配慮しています。会話の反響を抑えた設計と、小音量でサウンドのよさをいかせる技術を採用。音楽とコーヒーの組合わせに配慮することで、落ち着いた空間を提供しています。焙煎機でローストされるコーヒー豆を眺めながら、香りをじっくりと楽しむお客さんも多いといいます。さらに、ベーグルやデザートなどの軽食も用意しています。

アットホームに、寛ぎのコーヒー・タイムを

【CAFE BONFINO】スタッフ天然木の温かみが感じられるカウンターでは、気さくなスタッフたちが並んでいます。「親しい友人の家を訪れるように、気軽に立ち寄っていただきたいですね。」と話すのは、熊倉社長。お店で飲むコーヒーの味に驚き、豆をお土産に買っていくお客さんも多いそうです。高品質のコーヒーを心ゆくまで味わってほしい。そんなスタッフたちの思いがお店の端々に表れています。

地球の裏側からやってきたコーヒー豆が、気さくなスタッフとともに豊かな時間を提供してくれます。

1 / 2
更新日:2009.04.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ