時代を越え、愛される喫茶室アンヂェラス

昭和21年に誕生した喫茶室。レトロな欧風の建物は浅草を代表する存在に。独創的なケーキと名物の「ダッチコーヒー」は今も昔も訪れる人々を魅了し続けています。

仲間と談話が出来る「憩いの場」としてオープン

戦後間もない昭和21年に生まれた「アンヂェラス」。
欧風の建物の中で、欧風の洋菓子が味わえると大評判。
いまや浅草を代表する名物喫茶店になりました。

「喫茶店を始めてから、洋菓子もやろうということで、
欧風をイメージしてこの建物を作りました。
内装からテーブル、イスまで初代自ら設計しました。
お店の天井にある照明は『天使の輪』をモチーフにしています」

 【アンジェラス店内】

 

進取の精神で次々にアイデアを実現

現在のオーナー、澤田光義さんは開店の経緯をこう話します。
「落語家や文豪など、文化人と幅広くつきあいのある初代が
落ち着いて話ができる場所を持ちたいということで。
最初はケーキ屋ではなく喫茶室ということで始めました。
当時は物資も少ないし、水で落としたコーヒーは
どういう風になるか分からないけど、ダッチコーヒーを広めようと」

オープン当時、コーヒーに砂糖をつけるという店は少なかったそうです。
そこで初代オーナーは、角砂糖を作ることを提案。
コーヒーの脇にひとつひとつスプーンに載せて出すことで評判になり、
新聞社も取材に来たといいます。

【アンヂェラスケーキ】
店の名前を冠したケーキ「アンヂェラス」。チョコレートとホワイトチョコを使った二つの小さなロールケーキ。甘さ控えめで、ダッチコーヒーによく合うと老若男女に人気の商品です。


次の世代に引き継ぐ工夫も


常連さんがよく注文する「梅ダッチコーヒー」。
現オーナーである澤田さん自らが開発しました。
ダッチコーヒーに、梅酒と大きな梅の実がひとつ。【梅ダッチコーヒー】
もともとはメニューに載せていなかったが、常連さんに
「(メニューに)出してみたら?」といわれたのがきっかけだったそうです。
梅の実と梅酒を通年できちんと確保できるようになってメニューに出すと、こちらも大評判。

【オーナー】
「お店をやっていて良かったと感じるのは、いろいろな人と知り合えることですね。
友達づきあいで、作家さんや噺家さん、絵描きさん、いろいろな人が訪れてきてくれて・・・。
次の世代へ引き継いで行きたいです」と澤田さん。

アンヂェラスの鐘は浅草で、今も昔も変わらずに鳴り響いています。

 

 

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ