常連さん御用達、毎日通いたくなる喫茶店珈琲アロマ

浅草ならではの気心知れた安心感。 ドリップ式の本格コーヒーとマスターのおしゃべりを楽しみに、毎日通う常連さんも多いといいます。昔ながらの味と人情を感じる貴重な喫茶店です。

味と会話を楽しみに

浅草ふれあい通りにある喫茶店「珈琲アロマ」。
創業は東京オリンピックの開催された昭和39年という老舗のお店です。

【アロマ】外観

店内は、マスター・藤森甚一さんのいるカウンターを中心に設計されています。
地元の方々はもちろん、噺家さんや芸人さん、画家の方もよく来店するといいます。


コーヒーは独自のブレンド、ネルドリップ

お話を聞いている間にも、入れ替わり立ち替わり多くのお客さんが訪れます。
注文するのは、もちろんコーヒー。
マスター自らモカベースでブレンド。ネルドリップ方式を採用しています。

【アロマ】店長

お店の一番のウリはコーヒー。
「店名『アロマ』は『香り』という意味からです」と藤森さんは話します。


おやつに「トースト一枚」。

常連さんがよく注文する隠れた人気商品がトースト。
ポップアップトースターを使っているため、
カリっとした表面で、中はサクサク。


【アロマ】パン

浅草で有名なパン屋「ペリカン」のパンを使っています。
「創業当時からトーストで使わせていただいています。
スナック感覚で召し上がられていく方が多いですね」
定番のバターはもとよりチーズ、ジャム、ピーナツバターとあり、
2枚で組み合わせを自由に変えることもできます。

今まで、そしてこれからも

店主の藤森さんを中心としたカウンターの周りには、常に多くの人が集います。
会話上手なマスターとお茶飲み話をすることが息抜きのひとつ、というお客さんもいました。
常連さんの中には、いつも座る「指定席」が決まっている方もいるのだとか。

【アロマ】店内

「これからも、今までのやり方を守って店を続けていきたいですね」
と話す藤森さん。

さっと入って、さっと飲み、さっと払って、さっと帰る。
そんな浅草ならではの流儀を感じさせてくれるお店です。


1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ