創意工夫を積み重ねる喫茶店珈琲舎 ダンケ

浅草・千束通りの近くにある喫茶店「珈琲舎 ダンケ」。氷が溶けても味が変わらないアイスコーヒーをはじめ、随所に店主のこだわりが感じられます。

昔ながらの、街角の喫茶店

浅草・千束通り商店街からわき道に入った場所にある「珈琲専門店 珈琲舎ダンケ」。
昭和48年創業の老舗の喫茶店です。
銅製のランプや革張りのソファなど、レトロな印象を受ける店内には、大きな花が飾られています。

【ダンケ】店内

豊富な種類のモーニングが好評

【ダンケ】モーニング先代から浅草で商売をしていた佐藤吉昭さん夫妻が始めた「珈琲舎 ダンケ」。営業時間は、朝8時から夕方6時。
常連客が毎朝楽しみに訪れるというモーニングセットは4種類。チーズトーストやホットドッグなど、パンの種類が選べ、自家製ドレッシングの野菜サラダとドリンク付。
シナモントースト、ピザトースト、クロックムッシュは開店当時からのメニュー。トーストの焼き方にもお店独自の工夫があるといいます。

薄くならないアイスコーヒー

【ダンケ】アイスコーヒー「いろいろな喫茶店を調べ歩いて、研究を重ねてきました」
というオーナーの佐藤吉昭さん。徹夜状態で4日間、試行錯誤して作り上げたダンケブレンドのアイスコーヒー。「氷が溶けても、味が薄くならないように工夫しました」。今では店一番の人気商品なのだそうです。「『アイスコーヒーが美味しかったから、また来ました』と話すお客さんも多いんです」と佐藤さんは笑います。






いつも感謝のココロで

【ダンケ】オーナー夫妻「不況の中でも、出来るだけ値上げはしたくないんです」と打ち明ける佐藤さん。「この周辺には、喫茶店がたくさんありますから。せっかく来ていただいたお客さまに申し訳なくて・・・」。

料理やデザートは心を込めて手作りが基本。

「美味しいコーヒーを出してお客さまに喜んでいただける。それがひたすらうれしい。金額は小さいですが、積み重ねて、これからも喜んでいただける店にしたいですね」。





淹れ立ての味そのままのアイスコーヒーをじっくり味わえるお店です。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ