珈琲+ホットケーキのほっとする味わい珈琲天国

扉を開けると、コーヒーとホットケーキの甘い香り。店内にはレトロ感ある懐かしい小物が並んでいます。シンプルな中に、オーナーのセンスと人柄が溢れるお店です。

カフェ文化の息づく街の中で

大の喫茶店好きという「喫茶天国」オーナーの上野留美さん。
もともとOLだった上野さんが一念発起して
「珈琲天国」をオープンしたのは2005年6月のこと。

【珈琲天国】ガラスケース

「北海道出身で浅草に縁はなかったのですが、
好きな喫茶店がたくさんあった浅草をメインに物件を探しました。
自分のやりたいことがそこに適していると思って」

浅草は古くからカフェの文化が根付いている街。
小さなお店が長く在り続ける街でもあります。
上野さんはその場所に入っていきたいと思ったそうです。

 

浅草で”合縁地縁”

浅草にお店を開店するにあたり、取引をする業者さんも浅草に限定。
食器をはじめイスやテーブル、さらに店名のロゴ入りグッズまで、
地元の業者さんに発注したそうです。

【珈琲天国】店内【珈琲天国】店内2

「かなり細かく低予算でお願いしたのですが、
割と受け容れてもらえました。
何度も交渉を繰り返して熱意をもって扉を叩き続けると、
開けてもらえたりするんです。
譲れるところは譲り、譲れない部分はちゃんと合意を得る。
そういう風にして、少しづつ築いてきました」


味はもちろん、見た目も美味しく

上野さんにとってホットケーキは特別な食べ物。
【珈琲天国】ホットケーキ 「一番最初に作った料理がホットケーキ。それからずっと作り続けています。
シンプルで飽きない。ホットケーキをメインにしたお店を出したい、って
ずっと思っていたんです」

テーブルもホットケーキをメインに設計。
ホットケーキとコーヒーを全員分、きちんと載せられるように。
そして、最大の商品ホットケーキは美味しく見栄えよく。
店名のロゴの焼印をするなど、細部にもこだわりがあります。

浅草の老舗を目指して

芸人さんや噺家さんが行き来する浅草は独特の場所。
その雰囲気に合うよう、お店もレトロな雰囲気を醸し出しています。
コイン式の占いマシーン、木の温もり感。
アットホームな雰囲気で誰でも立ち寄れる店を目指しているそう。

「目標は浅草の老舗になること。この場所でずっとこのお店を続けていきたいですね」

ホットケーキの優しい味わいの中に、浅草への愛情が詰まっています。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ