文化を伝える、サービス満点の喫茶店友路有(トゥモロー)

浅草・仲見世通りから程近い場所にある喫茶店「友路有(トゥモロー)」。昔ながらの喫茶店の雰囲気が漂う店内には、多くの書籍と古時計。また数々のユニークで便利なサービスを提供し、訪れる人を惹きつけています。

昔ながらの喫茶店

仲見世通りから程近く、浅草の商店街の中にある喫茶店「友路有(トゥモロー)」。
30年以上営業している赤羽店で培ったノウハウを、浅草店でも活用。
「昔ながらの喫茶店」の良さを大切に守っています。

【友路有】外観

自ら作って味わう”サイフォン珈琲”

【友路有】コーヒーお店の名物は、セルフで淹れるサイフォン珈琲。
挽きたての豆をお湯で煮出す方法で、アルコールランプを使って、実験感覚で楽しめます。

スタッフが懇切丁寧に指導してくれるので、初めてでも安心。コーヒー濃度の調整も可能です。
1杯目はストレート、もう1杯はブラウンシュガーをお好みで。

サービスの宝庫には、「私設図書館」も

【友路有】店内・壁「一日一縁」を実践するお店では、多くの無料サービスを行っています。
携帯の充電器をはじめ、ノートパソコンの電源を提供。頭痛や腹痛、二日酔い、風邪、ケガをした人のために常備薬や絆創膏も用意。
そしてペンやセロテープ、ハサミ、のりなどの文房具も貸し出しています。さらに壁には多くの書籍が並んだ本棚が。無料で二週間のレンタルも行うほか、新聞・雑誌も充実。「私設図書館」としての利用も可能です。

使命は、喫茶店の灯を守り続けること。

【友路有】店長先代から受け継ぎ、赤羽店・浅草店を経営する
川口勝一さん。
ランチ時には料理人もこなすビジネスマンです。
「世界中どこの国にも喫茶文化があります。
イタリアにはバール、フランスにはカフェ。そして日本には喫茶店。
目指しているのは、地域の人たちと”フェイス・トゥ・フェイス”でつながるコミュニケーション。
『いつもの』で通じ合うお店とお客様の関係です」と話す川口さん。
「朝からいらっしゃるお客様も多いので、モーニング・ランチなどはお手ごろ価格と安心の味にこだわり、毎日手作りしています。色々な用途で使っていただきたいですね」。


地元客はもとより、国内外からの観光客で賑わう浅草。
”顧客満足”を第一に、文化の灯を守り続ける喫茶店です。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ