「カフェ+α」のギャラリーカフェcafe pause(カフェ ポーズ)

池袋駅東口から徒歩5分ほどの場所にある「cafe pause(カフェ ポーズ)」。ラウンジのような店内に、植物や洋服や本など、さまざまなテイストのモノが置かれています。“ヒト、モノ、植物”の融合を目指したギャラリーカフェです。

「おもちゃ屋さんが始めました」

【cafe pause】12004年に作られた「café pause(カフェ ポーズ)」。「打ち合わせにも使えるスペースを」と、池袋で玩具店を営んでいたオーナーが立ち上げたお店です。ラウンジ風の店内にデザインチェアやショーケース、さらに本棚が並びますが、不思議な一体感を醸し出しています。パソコン持参でやってきているビジネスマンからカップル、友人同士で来ている方などさまざまです。


「一時停止ボタン」の役割を

【pause】2店名の由来は、ゲームの「pause」ボタンから。「お仕事やお買い物の合間に、少し立ち止まってゆっくりしていって下さい、という気持ちを込めて」と話すのは、永田涼子店長。オーナーからカフェ運営を一任された永田さんは、本来の目的である“打ち合わせ”以外でも幅広く利用できるよう、いろいろな要素を掛け合わせたデザインカフェに。 「メニューも、お客様が毎日通っても飽きないよう、出来る限り工夫しています」。

 

敷居の高くない"ギャラリー"に

【pause】green「cafe pause」はギャラリーでもあります。店内にあるインテリアの大半が、商品でもあるそうです。「ショーケースの中の服や本棚にある雑誌、お店の外にあるハーブも、自由にご購入いただけます」と永田さん。実際に目で見て、手で触れていただいて、気に入ったものがあれば、その場で購入できる仕組みになっています。また、新進気鋭のアーティストの個展なども頻繁に開催されています。



“人、モノ、グリーン”が共に存る空間

【pause】「カフェという空間が好きです。住んでいる環境、職業、年齢、それぞれの人がカフェという場に集まり、ひとつの空間が出来ます。あまり気負いなく、コーヒー1杯でも楽しんでいただければ嬉しいですね」と永田さんは目を細めます。
「毎日営業している中で、スタッフ全員とよく話し合います。フードやドリンクなどのメニューについてはもちろんですが、展示やパーティの企画もやりたい人がイニシアチブをとって進めていきます。段階を踏んで、カタチにしていく楽しさがありますね」 。




日常の中にある、非日常。
作る側の楽しさが空間の中に滲み出ているお店です。

 

1 / 2
更新日:2009.04.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ