和の心で出会う、やさしい時間と煎茶の味わい福茶,(ふくさ)

池袋駅東口からほど近い場所にあるお茶処「福茶」。日本茶に和スイーツ、雑炊など、お品書きは体にやさしいものばかり。一煎づつ大事に入れ、ゆっくりと飲む煎茶。その味わいの奥深さに、思わず時間を忘れてしまいそう。

煎茶好きが高じて趣味起業 

【fukusa】12004年に池袋駅東口から徒歩3分という距離にオープンしたお茶処「福茶」。白が基調の店内は、クリーンなイメージ。ところどころに和をモチーフにした小物が置かれています。 お店のオーナーは水野久幸さん、征子さんご夫妻。「お煎茶が趣味で、この店を始めました」と征子さん。それまではまったくの異業種。ものづくりを主体とした工場を経営し、 二人とも飲食の経験は全くないそうです。自社ビルを建てたときに、ふと閃いたのがお茶処。お茶の心得があった征子さんは、自身でお店をやりたいと開業を決意。それからお店を出すまでは、久幸さんも一緒にお茶を習ったり、静岡や宇治へ足を運んだそうです。「東京には一煎づつお茶を入れるという店は少なくて・・・。各地のお茶処に行って『商売をしたいのですが、教えてください』と正直に打ち明け、いろいろと教えてもらいました」と久幸さん。


やさしい味のお品書き

【fukusa】2お茶はもちろん、近隣で働く会社員やOLたちに好評なのが、食事とデザート。「あまり身体に負担をかけないヘルシーなものを出すように心がけています」 と征子さん。そば米を使った雑炊やおじや、自家製あんみつやクレームブリュレが人気です。「お茶とセットで召し上がる方が多いですね」と、征子さん。


やさしい味のお品書き

【fukusa】4店内の壁際に置かれている色とりどりのビンは、自家製の果実酒。久幸さんと征子さんが畑で丹精込めて育てたものです。梅酒をはじめ、あんず酒、りんご酒、かりん酒まで季節に応じてさまざまなお酒があります。 「セットでお召し上がりのお客様に、グラスサービスとして提供しています」と久幸さん。果実酒の話でお客さんと盛り上がることも多いそうです。

 

お茶を通じて味わう「癒しの空間」

【fukusa】4「老若男女のお客様とお話しながら、のんびり楽しみながらやっています」と話す久幸さん。急須でお茶を飲むという習慣が減ってきていますが、「福茶」を訪れる若い女性が多いそうです。ゆっくり落ち着いてお茶を飲むことでお客さんは癒され、お客さんと話をすることで久幸さんや征子さんもまた癒される。そういう相乗効果があるのかもしれません。「福を持ってきてもらえるように」。二人で作ったお茶処。

 

人を癒し、癒される。
お茶を通し、何かが結ばれる場所です。

 

1 / 2
更新日:2009.04.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ