のんびり、ゆったり、まったりとcafe LOOSE

中野富士見町にある「cafe LOOSE」。出版業に携わる店主が『等身大で楽しめる店』を目指して作った普段使いのカフェ。店内にはユニークなおもちゃやゲームが揃い、遊びゴコロに溢れたお店です。

「喫茶店」を「カフェ」に。

中野富士見町駅の改札から至近距離にある「cafe LOOSE」。
もともと30年ほど続いた喫茶店だった場所を改装し、2007年2月にオープンしました。

【Loose】店内

試行錯誤から生まれた「クリコロ丼」

【loose】クリコロ丼「もともとこの場所は友達の実家でした」と話すのは、お店の代表・今秀生さん。
「親が引退して店を閉める、という話を聞いて、僕が『カフェをやろう』と。調理担当をしている友人と、30代の男3人で始めることにしたんです」。
それぞれ異業種の3人で知恵を出し合い、メニューも考案。お店の一番人気は、試行錯誤しながら作った二色ソースのクリームコロッケ丼。

 

「いい(良い)加減に使ってください」

【loose】店内2店内にはカウンター、不揃いのイスやテーブル、その奥にはお座敷席。「僕自身いい加減な人間なので、いい加減な店名にしちゃったんですよね」と笑う『cafe LOOSE』代表の今秀生さん。「あるものを好きに使ってください、という感じなんです。カフェについても、どうしても、というこだわりがあるわけじゃない。チェーンでも、ファミレスでもバーでもない。コーヒーもお酒も飲めて、長くいても平気な場所にしたかったんです」。


「中野+夜カフェ」という需要

【loose】コーヒー中野富士見町という場所で夜カフェは浸透している、と今さんは話します。「この町には学生さんや会社員の方が多く住んでいるんです。会社帰りのOLさんが1人で夕ご飯を食べに来たり、終電くらいに酔い覚ましにコーヒーを飲みにくるお客さんもいますし」。
それでもやはり、客足の波があるといいます。「給料日の後に混むと思うかもしれませんが、意外にお客さまは少なかったりします。お金が入ると、新宿とか大きな繁華街で飲むから地元でお金を落とさないんです。逆に給料日前などの方が多いですね。最初はコミュニケーションのとり方が分からなくて戸惑うことはありましたが・・・、慣れてきましたね」と笑う今さん。

店内の壁に、写真やイラストを飾ってギャラリーにしたり、 ライブを行うこともあるそうです。

「居心地のいい場所を提供したい」。
『cafe LOOSE』は少しづつ、この土地に溶け込んでいっています。

 

1 / 2
更新日:2009.02.20 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ