心を丸くする、リノベーションカフェcafe紅(もみ)

小伝馬町の一隅にひっそり佇む「cafe紅(もみ)」。 築60年の古民家を利用したリノベーションカフェです。 畳のある和室の趣きとお茶の香り、中庭の緑が心を丸く解してくれます。

オーナーが一目惚れした古民家

小伝馬町から徒歩1分の距離にある「cafe紅」は、2004年にオープン。
カフェ起業のため、物件を探していたオーナー・鍋島ともみさんが一目惚れしたのが始まり。
築60年に及ぶ古民家の佇まいを気に入って、それを活かす形で出来たお店です。

【cafe紅】店内

靴を脱ぎ、ホッと、ボーッとくつろいで。

【cafe紅】ケーキ玄関を入ると昔ながらの上り框。
靴を脱いで上がると、中庭の緑が見渡せます。「靴を脱ぐ、ということを大事にしたいんです」と話すのは、オーナーの鍋島さん。もともと飲食業に携わっていた鍋島さんですが、"靴を脱いでくつろいでもらえるような癒しのカフェ"を作りたかったといいます。添加物を極力使わない、体にやさしい手作りの料理とスイーツを提供しています。

ゆったりと、茶器と香りを楽しむ空間

【cafe紅】tea

「cafe紅」では、オリジナルの器で台湾茶が楽しめます。特注のお椀でいただく椀茶や、ガラスのティーポットで提供される花茶、さらに茶杯や聞香杯を使った茶芸セットも揃っています。
お店を訪れる8ー9割は女性客。移ろう季節を目で見て、肌で感じながら、ゆったり味わえると好評だそうです。



cafeが、いつしかギャラリーに

【cafe紅】店内2交友関係が広いオーナーの鍋島ともみさん。カフェの名前「紅(もみ)」は、鍋島さん自身の学生時代からのあだ名だそうです。「開店時には、友達からアイデアをもらい、お店を始めてからは、スタッフと親しくなって、どんどん広がっていきました。今ではお店で絵画や写真、陶芸作品などの展示もするようになりました。今後は、出来るだけスタイルを変えずに、この空間を残していきたいですね」。

緑とやさしい光に包まれた癒しの空間。オーナーの人柄がそのまま伝わってくるお店です。

1 / 2
更新日:2009.05.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ