「食・空間・人のトータルバランスを考えたゆる・やわカフェ」C65カフェ(シーロクゴカフェ)

渋谷・公園通り沿いのビルの中にある「C65カフェ(シーロクゴカフェ)」。お店のいたるところに天然の素材が使われ、ゆるく柔らかく温かいイメージ。独特の居心地のよさに、思わず時間を忘れてしまうかも。

美味しい料理と空間、接客のバランス

「C65カフェ」店内写真

「アジアンリゾート」をコンセプトに2000年に誕生した「C65カフェ」。
カフェブームの真っ只中だった当時、きちんとした食事ができ、居心地よいと感じられる店は、少なかったといいます。

「ならば自分たちで作ってしまおうと」(松本夏香店長)

デザイン会社がプロデュースした、柔らかく温かなムードのカフェが渋谷に誕生。
店名は、会社名の頭文字と初心を忘れない意味でオープンの日にちなんだそうです。



暖色+曲線=柔らかさ

「C65カフェ」店内写真

看板は竹、椅子には籐、テーブルは木材など、天然の素材を多用。
海外セレクトのショップで購入した絵が随所に飾られ、独特の彩りを添えています。

大きな目が印象的な松本夏香店長は、
「角張ったものは極力入れないようにしています。
テーブルなどは丸いものに。曲線があるもの、丸いもの、温かい色を
取り入れて、お客様に柔らかさを感じてもらえるように」。

「食べる」ことでつながる

「C65カフェ」タコライス写真

お店で出しているのは、アジアを中心とする多国籍料理。
タコライスや豚の角煮が好評だといいます。

「飲食にはもともと興味があって、この店に来る以前は
レストランで働いていました」という松本店長。

「カフェだと、作った料理を自分でお客さんに出し、
その反応を直接見ることができます」

ドリンクよりもフードメニューを頼むお客さんが多い
ということからも、料理の質は分かる。

「C65カフェ」店長写真

「このお店を通じて知り合う人とのつながりを大事にしたいですね」という松本店長。

「気軽に友達の家に行く感覚で、
フラっと入ってもらえたら嬉しいです」

更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ