交錯する「出会いの場」を提供するカフェcafe croix(カフェ クロワ)

渋谷の大通りが交差する一角の建物にある「cafe croix」。カフェビジネスに携わる3人が立ち上げたお店です。心地よい空気感とオリジナルメニューに魅了され、幅広いジャンルの人が集っています。

チームのチカラで「新たな出会いの場」を

渋谷駅東口に面した246と交差する明治通り沿いのビルの8階にある「cafe croix」。
異なるカフェに勤務していた3人が、2007年6月に新たな出会いの場を作りあげました。
「cafe croix」の代表として経営、広報などを担当するのは渋谷のカフェ「Five sense」のディレクターをつとめていた福田能成さん。実質的な運営管理は、渋谷「C65 cafe」出身の小柳津聡さん。接客は、代官山にあった「omni-cafe(オムニカフェ)」の元店長・古市美佳さんが担当しています。

【cafe croix】店内

オリジナルへのこだわり。

 

【croix】フードメニューはお酒によく合うアラカルトから、ボリュームたっぷりのパスタやごはんものまで豊富に揃います。料理本とコラボしたり、レシピの提供も行うほど。「ブタときのこのゆずこしょうパスタ」はフードビジネス関係者からの好評だとか。
また、柚子を使った「柚子ソーダヨーグルト」「柚子ティー」や「苺あんみつ」など、季節に応じて工夫を凝らしています。

カフェ起業を考える人へ向けて

【croix】店長カフェの起業を考えている人へのメッセージを求めると、「cafe croix」オーナーの福田能成さんは一言。
「カフェが好きな人はオーナーにならないほうがいいのでは」と厳しいコメント。「他の飲食形態と比べると、利益がとりづらいんです。だから自分だけの理想でやっていたら長続きはしません。でも、スタートから状況を理解した上で意識を持って取り組めば、問題は回避できるかもしれません」。
そう話す福田さん自身、カフェへの思い入れは人一倍深くあります。落ち着いた雰囲気を醸し出す内装や絵は福田さんの手によるもの。さまざまな経験、試行錯誤を乗り越えた人ならではの含蓄ある言葉です。

人と文化が交差し、つながる場に

【croix】ドリンク店名「croix」はフランス語で『交差する』という意味。「お店のスタッフとだったり、そこに居合わせたお客さん同士だったり。出会うことに意味があります。交差して、つながってくれればいいな、という思いを込めてつけました」と話す福田さん。「さまざまな人や文化がつながっていける場にしたいですね」。
今後はパーティやイベント、展示会なども積極的に行っていく予定とのこと。

 

「3人寄れば文殊の知恵」

3人の経験と人のつながりに裏打ちされた『出会いの空間』です。

 

 

 

 

1 / 2
更新日:2009.05.01 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ