異国情緒と美酒に酔うアジアンカフェ&レストランPARADISE MACAU(パラダイスマカオ)渋谷店

渋谷駅から井の頭通りを下り、わき道に入った場所にある「PARADISE MACAU(パラダイスマカオ)渋谷店」。 動物をモチーフにした銅像や熱帯植物が入口を彩ります。店内の天井にタイ製のペンダントランプがかけられ、ピンク色の壁にはダイナミックな壁画。チャイニーズをメインにした斬新なアジアン料理を混沌(カオス)を感じさせる空間で味わえます。

マカオの混沌(カオス)を具現化

「PARADISE MACAU(パラダイスマカオ)渋谷店」は、
「マカオの混沌とした雰囲気を表現したい」というオーナーの思いから生まれたお店。
アンティーク家具、雑貨、衣料を扱う際コーポレーション株式会社が運営しています。 

「PARADISE MACAU」店内写真2002年のオープン当初から変わらない内装は、異国情緒が溢れています。
高い天井にかけられたタイ製のペンダントランプ、ピンク色の壁に描かれたダイナミックな壁画。
中国やタイ・ベトナムなど、現地で直接買い付けてきたインテリアも多くみられます。

食のキーワードは「アジアの融合」

「PARADISE MACAU」海鮮グリーンカレーマカオ・ポルトガル・香港料理からスタートし、現在はアジアンミックスの創作料理を提供。
チャイニーズや、タイ・ベトナム料理など品揃えが豊富です。
メニュー開発にも積極的に携わる福田崇マネージャーは、ランチを新メニュー挑戦の場にしています。
「通年決まっていますが、季節に応じて旬の素材を取り入れるようにしています」



現在、お店で人気があるのはトムヤンクンや海鮮グリーンカレー。
ポルトガル発祥のデザート、エッグタルトも好評です。


アルコールの豊富さも自慢

「PARADISE MACAU」アジアンワインクーラー元バーテンダーだったという福田マネージャー。お酒にもこだわります。
アルコールは100種以上あり、バー並みの豊富さが自慢。
サングリアや、赤ワインをベースにしたアジアンワインクーラーなどのオリジナルカクテルが人気です。
バーカウンターに立って自らシェーカーを振ることもあるといいます。





「居心地のよい場所」を目指して

「PARADISE MACAU」マネージャー写真「カフェは、くつろぎの場所」。
「居心地のよさ」を追求していった結果、福田さんにとっても当然一番居心地のよい場所に。

「食べてもらって、飲んでもらって、音楽とか、雰囲気とか、スタッフたちの好きなものに
共鳴してもらえればうれしいですね」。


混沌の中に、不思議な心地よさが感じられるお店です。

1 / 2
更新日:2009.02.19 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ