イスとコーヒー、音楽のベストバランスCafe' BRAVO (カフェ・ブラボー)

喫茶店に必要なものは、居心地のいいイスと美味しいコーヒー、そして愉快な音楽。下北沢の「カフェ・ブラボー」には店主の思いが溢れています。ひとたび落ち着くと、ゆるりと流れる時間の有難みが感じられます。

お店の中は、パラレルワールド

「カフェ・ブラボー」店内の様子の画像
お店の前には手書きの文字で描かれた個性的な看板。お店に足を踏み入れると、メキシコ製のイスが目に飛び込んできます。壁際にはギターにウクレレ、カウンターには飾り紐。常連客からもらった酒樽まで、店内には少し不思議なものもありますが、雰囲気にマッチしています。

やみつきになりそうなドリンクたち

「カフェ・ブラボー」ドリンク画像
メニューはドリンクのみ。とはいえ、バリエーションに富んでいます。こだわりのコーヒーはもちろん、ミント、カモミール、エキナセア、ハイビスカスなどのハーブティーに、カフェオレ、チャイ。
ベリージュースにはお好みでレモンやローズマリーなどのアロマエッセンスを加えても。
微妙な味わいがして、やみつきになるお客さんも多いといいます。
「喫茶店として紹介してもらいたいですね」。
そういう店長の立石宏明さんは、「余計なものは極力省きたい」主義。

「あくまで喫茶店にこだわりたいので、デザートやスナックは置きません」
BGMは立石さんの好みの曲。
ジャズからワールドミュージック、アヴァンギャルドまで幅広いのが特徴です。

喫茶店が好きだから。

開業のきっかけは、立石店長の喫茶店好きから。「一番リラックスできる」下北沢に「たまたま」物件が見つかり、「タイミングが合って」カフェを始めたのだといいます。

「カフェ・ブラボー」店長の画像
「僕は、ひとつのところにじっとしていられるタイプなんです」。
喫茶店は、力を抜いて落ち着ける。イスに腰をおろして、じっと音楽を聴いていられる場所。だからこそ、「カフェに必要なのは居心地のよいイス」と立石さんはこだわります。6年前に、メキシコ製のイスと出会ったのも、お店を始めた大きな要因のひとつなのだそうです。

ギャップの狭間で感じる面白み

【ブラボー】コーヒー

店内の座席はわずか10席。
「詰めればもっと入るけど、こじんまりと息の触れ合う距離感を大切にしたい」と話す立石さん。
「開業してからしばらく経ちますが、いまだに距離感に戸惑うことがありますね。
お客さんは本当にさまざま。見た目と話したときのギャップが面白いです」。
喫茶店は出会いの場所。
「1日は24時間。どうやってその日1日を楽しむかは自分次第です。
コーヒーを飲みながら、こうなりたい、ああなりたいと思う時間を過ごしてもらえれば」
と立石さんは目を細めます。

日々の中で、コーヒー、音楽をゆったり楽しむ余裕を持つことも大切なのかもしれません。

 

 

 

 

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ