北欧と和のテイストのハーモニーKorko(コルコ)

下北沢北口の路地裏にあるカフェ「Korko」。北欧をイメージしたインテリアと、木の温もりに包まれた空間が広がります。窓際には、ちゃぶ台のあるお座敷が。陽光の中で洋と和のテイストが溶け合い、調和しています。

「ものづくり」好きが高じて、カフェづくりに挑戦

下北沢北口にある「Korko」。店名はフィンランド語で「気楽な、のんびり」を意味します。
光と灯りに包まれたやわらかい空間を作り上げたのは、高橋久実さんと鈴木陽子さん。

「Korko」オーナーの画像
アパレルに勤務時代に知り合ったという2人。
何よりも「ものづくり」が好きだったそうです。

洋服づくりから一転して、カフェのオーナーへ。
経営よりも、「作る」ことへの意識が高かったといいます。

「ケーキを作りたい。ラテを作りたい。
そして、それらを提供できる温もりある場所を作りたかったんです」

デザインは自分たちで行い、北欧インテリアを基調に。
そしてアクセントに和をとり入れました。

コンセプトはゴロゴロ。

「トマトカレー」店内の様子の画像ソファや座布団で、ゴロゴロ。
季節の野菜とフルーツがゴロゴロ。

一番人気は大きな野菜がゴロゴロ入った
バターチキントマトカレー。
「カレーの名店と言われたい」
とより美味しくするため、日々研究を重ねています。

20種以上のスパイスから煮込み、野菜と牛乳だけで、水を使わずに仕上げたコクのあるカレー。
スパイシーなタンドリーチキンがゴロっと転がります。

「夜遅いときでも、仕事帰りの女性がひとりで来れるお店にしたいです」と話す鈴木さん。
一食で多くの野菜をとれる、体にやさしいメニューを作っています。



女性ならではの感性とセンスで

毎日美味しいドリンクを飲め、美味しい食事とケーキを食べられる場所。
木の温もりとやさしい光に包まれ、ゴロゴロできる場所。

【Korko】JUICE

「お客さんから『またきます』って言われたときが一番うれしいです」。
顔をほころばせる2人のオーナー。

「Korko」には、女性ならではの感性とデザイナーのセンスが調和した
柔らかい空間が広がっています。

1 / 2
更新日:2008.07.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ