自由な街・NY(チェルシー)をイメージしたカフェChelsea Cafe(チェルシーカフェ) 新宿ミロード店

新宿駅から徒歩1分の場所にある「Chelsea Cafe(チェルシーカフェ) 新宿ミロード店」。ニューヨーク、チェルシー地区の街角にあるカフェをイメージ。時間帯や用途に左右されない、自由さに溢れたお店です。

好立地にある駅チカカフェ

【Chelsea Cafe】店内新宿駅から直結する駅ビルのアーケード内にある「チェルシーカフェ) 新宿ミロード店」。平日は300人-400人、土日は500人もの人が訪れるといいます。
メニューはコンセプトと同じく当然NYテイスト。クラムチャウダーにハンバーガー、サンドウィッチなど、いつでも口にできる軽食が揃います。





【Chelsea Cafe】サンドイッチ

特に好評なのが、トーストした全粒粉入りのパンにベーコン、チキン、卵、チーズ、そしてたっぷりの野菜を挟み込んだ「スペシャルクラブハウスサンドウィッチ」。ランチタイムを逃しても、サンドウィッチやバーガー類はオーダー可能です。


可愛いサイズのフィンガーケーキが好評

「Chelsea Cafe」フィンガーケーキの画像定番のNYチーズケーキだけでなく、
フルーツやクリームをたっぷり使ったものまで、ショーケースにはバラエティにとんだケーキが並びます。
「手軽に食べられるサイズ」と女性客に大人気。1日平均80-90個ちかく売れているそうです。



コーヒーにもアートを添えて


【Chelsea Cafe(チェルシーカフェ)】コーヒー

ドリンク付きのおトクなケーキセット(840円)はティータイムの定番商品です。カフェモカにはバリスタによるラテ・アートなどのサービスも。
自由な雰囲気の中に、デザインセンスや遊びゴコロが感じられます。

【Chelsea Cafe(チェルシーカフェ)】看板
17時を回ると、サラダやフライドポテトにチョリソーなど、お酒のおつまみも充実。
バーカウンターには、ビールをはじめカクテル、リキュールの種類も豊富。
直輸入のポルトガルワインが自慢の商品。グラス(399円)でも、味わえます。

オレンジジュースやグレープフルーツジュースは果汁100パーセント。
ノンアルコールのドリンクにもこだわっています。

“ANYTIME!ANYTHING!THAT'S YOUR CHOICE !”

「Chelsea Cafe」店長の画像

「朝から夜まで、お客さまに楽しんでもらえたら」と話す川嶋店長。「 ランチ、ティータイム、バーとしても使え、1日中利用できる店を目指しています。 ここでは食事も出せるしケーキも出せる。お酒も出せる。カフェは形態が自由ですから」。 いつでも使えるという自由さこそが、カフェの持ち味。

サラリーマンから、カップル、友達同士、小さな子どものいる家族連れまで、客層はさまざまです。

都心のターミナル駅・新宿の一角に、多種多様な人たちが集っています。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ