光あふれるテラスで、こだわりのオリジナルバーガーをJ.S.BURGERS CAFE(ジェイエス バーガーズ カフェ)新宿店

太陽の光あふれるテラスで、本場のハンバーガーが味わえる「J.S.BURGERS CAFE(ジェイエス バーガーズ カフェ)新宿店」。銀色のエアストリームの中で調理される肉汁たっぷりのバーガーは、ボリューム満点です!

陽光の中で味わえる、からだにやさしいハンバーガー

「J.S.BURGERS CAFE」ハンバーガー画像 ビーフ100%のパティから溢れる肉汁。大きめに切ったトマトに、シャキシャキレタス。そして天然酵母のバンズ。「ハンバーガー」という作品を構成する素材の全てにこだわりを感じます。 セレクトショップ「ジャーナルスタンダード」の階上に2000年にオープンしたカフェ「J.S.BURGERS CAFE(ジェイエス バーガーズ カフェ)新宿店」。

太陽の光を浴びたテラスでジューシーなアメリカンバーガーを味わえます。

店内のベースは、カントリー調。テーブルにはギンガムチェックのクロス。スタッフが笑顔で出迎えてくれます。
  

【js】店内

ショッピングの合間に落ち着ける場所


「J.S.BURGERS CAFE」店長画像

「元はショッピングのついでにゆっくりしてほしい、という目的で作られました」と話すのは、店長の窪田浩士さん。グルメバーガーブームの波に乗り、来客数は当初より2倍以上伸びたといいます。
祝祭日ともなると来客数は1000人にものぼり、店の前に行列が出来ることもあるそうです。

エアストリームの中で作られる”こだわり”

【JS】エアストリーム
「J.S.BURGERS CAFE(ジェイエス バーガーズ カフェ)新宿店」のオープン当初から続けているのが、エアストリームの中でハンバーガーを作ること。
注文を受けてから、ひとつひとつ作り、心を込めて提供することを心掛けているそうです。そこには流れ作業ではない、丁寧さがこめられています。

6種類ある基本のハンバーガーは、レギュラーサイズ880円から。小さいサイズや、チーズなどのトッピングも自由自在にセレクトできます。中でも一番人気なのがアボカドチーズバーガー。100%ビーフの115gあるというパティと新鮮野菜、アボカド4分の1個を挟んだ大ぶりのハンバーガーは女性に大人気。お店の8割は女性客が占めるといいます。

さらに、おやつ用のデザートも充実。濃厚な味のチーズケーキやサンデー、マフィンやクッキーなどの焼き菓子も販売しています。

【js】お菓子

「できればもうちょっと、お客さんひとりひとりと向き合いたいですね」窪田さんは打ち明けます。「ショッピングが目的でも、バーガーが目的でも、やってきたお客さんには、スタッフと一緒に楽しい時間を過ごしてもらうのが理想です」。


ひとりひとりを見つめたこだわりのハンバーガーで、身も心も満足させてくれそうです。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ