ノスタルジックな空間で味わう一杯の珈琲但馬屋珈琲店

新宿西口界隈にあるレトロな雰囲気の「但馬屋珈琲店」。自家焙煎の一杯の珈琲からは、香り高さだけではなく、豊かさや独特の膨らみが感じられます。カップや調度品を愛でながら、喫茶の文化にも触れられる貴重なお店です。

一杯の珈琲を味わう豊かさ

【但馬屋】店内1【但馬屋】焙煎

「都会のガス抜き空間を作りたかった」というのは、オーナーの倉田雄一さん。
それまで同じ場所で運営していた純喫茶をやめ、
自家焙煎の「但馬屋珈琲」としてスタートしたのは1987年のこと。

店名は、倉田さんの父親である先代が
神戸の但馬地方出身だということからだといいます。


先代の志を継ぎ、店を経営するのは倉田さん(左)。
そしてお店の味を受け継いでいるのは店長の大久保清作さん(右)。

【但馬屋】2人


店内の調度品は「話のタネ」

「但馬屋珈琲店」店内写真

店内には大正・明治・昭和、平成と、骨董品レベルの価値の調度品が置かれています。
コーヒーカップはもとより、ランプや古時計、蚊取り線香、たぬきの置物まで幅広いのが特徴。

「年配の方は『懐かしい』と言って話しかけてくださるんです。
そういう会話が出来るのも嬉しいですね」
というのは店長の大久保清作さん。

学生時代にアルバイトをしたのがきっかけでお店に惚れ込み、
ついには店長になってしまったそうです。

一見さんにも常連さんにも変わらない”おもてなし”を

「但馬屋珈琲店」オーナー写真

お店の歴史が長いだけあり、古くからの常連さんも多く来店します。
オーナーの倉田さんは、
「初めていらっしゃったお客さんも大事にしたい。
心をおろそかにせず、丁寧なおもてなしをしたい」といいます。

「但馬屋珈琲店」コーヒー写真 ストレートは12種、ブレンドは3種、アレンジ10種類と
種類の多さが自慢。コーヒー豆だけ欲しいという
お客さんも来るのだといいます。
さらに、珈琲ゼリー(650円)やサンドイッチなどの軽食も人気だそうです。

「珈琲をメインに、いろいろ楽しんでいただきたい。定番以外のちょっと冒険したようなメニューもオススメです」と倉田さんは破顔一笑。

コーヒーを飲みながら、喫茶文化についてもしみじみ感じさせてくれる貴重なお店です。

 

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ