和がモチーフの異質空間和カフェyusoshi(ユソーシ)

新宿駅直結のビルの中にある「和カフェyusoshi(ユソーシ)」。愉しいことを想像し、和の世界で表現、そして発信していく目的で作られたモダンカフェです。

「yusoshi」=「愉・想・使」

新宿の駅ビル「ルミネ」のレストラン街にある「和カフェyusoshi」。
店名の「yusoshi(ユソーシ)」とは「愉・想・使」に由来し、「愉しいことを想像し、それを表現して発信したい」という思いが込められています。

「yusoshi」店内の画像

 

「外から見た和」をコンセプトに

個性的なインテリアはデザイナー集団「コドモショウ」が手がけたもの。配線むきだしの天井は、コンクリートが打ちっぱなしの状態。座布団のあるお座敷席の床から出る蛍光灯に照らし出され、幻想的な印象を受けます。

テーブルは木目をいかした和のテイスト。
現代的なデザインと和風が絡み合った異質な空間になっています。

【yusoshi】紅茶


テーマは「おもてなしの心」

フードメニューは「オムそばめし」に、「さらだカリフォルニアロール寿司」など、創作料理が中心。
五穀ご飯と京都のおばんざいを取り入れています。
店長の山崎佑輔さんのオススメは、16時まで提供される「デイタイムプレート」(1260円)。

【yusoshi】プレート
一口サイズのおかずに、お寿司やデザートなど9種類の盛り合わせで、ほうじ茶と味噌汁付き。
 「きちんとごはんが食べられるカフェ」として、半数以上の利用客が食事メインだそうです。

カフェは、人の集まる場所。

「yusoshi」店長の画像
「昼と夜とで、店の雰囲気をガラリと変えます」と話す山崎店長。
「店内の照明を変え、音楽を変え、接客スタイルを変えます。ランチはスピード重視で、ディナーは落ち着ける雰囲気づくりを。お客さんの様子を見ながら、何が求められているかを考えます」。
場所柄、待ち合わせのお客さんが多いため、スタッフ同士で把握し、
積極的に声がけすることも多いといいます。

人が集まり、人と接することのできる場所。そんなカフェに新たな可能性を感じているそうです。
「用途に応じ、ランチ、ティータイム、ディナーと好きな時間に立ち寄れます。ひとりでも、カップルでも、友達でも、親子でも気軽に利用できるのがカフェの特徴。今後は、新宿にいる若者を集めて、何か発信できる場所にしたいですね」。

カフェという枠にとどまらないお店で、新たなモノを見つけられるかもしれません。 

 

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ