つながりを大事にする地元密着型カフェCAFE BEATO(カフェベアート)

上野の入谷口通りに面した場所にある「CAFE BEATO」。生まれも育ちも上野、というオーナー宮森さんが始めた地元密着型のお店です。一杯のコーヒーに、地元とお客さんに対する「思い」が込められています。

上野で開いた、夢のカフェ。

上野駅入谷口から徒歩3分ほどの場所にある「CAFE BEATO」。
オーナーは、親子代々上野で商売を続けている宮森祐介さん。
「カフェをやるのが夢だった」という宮森さんは、2008年1月にお店を開きました。

【cafe beato】店内

1杯のコーヒーで、「至福」のときを

【CAFE BEATO】パンとコーヒー「転機は、父の他界でした」と話す宮森さん。
金属加工業を家族で営み、宮森さん自身も跡継ぎとして家業に専念していたそうです。
それでも、どうしても諦められなかったのが「カフェ開業」。
「学生時代にカフェでアルバイトをしていて、将来この仕事が出来たら、と・・・。それから、ずっと夢だったんです」
カフェの一番のこだわりはコーヒーの味と料理。
イタリアのランチリオ製のエスプレッソマシンで淹れるラテと、ホットサンドは常連客にも大好評。
「コーヒー1杯を味わう、わずかな時間でも至福を感じていただけるように」という思いを込め、毎日コーヒーを淹れているそうです。
店名の『BEATO』はイタリア語の『至福』に由来しています。


【beato】店長「モノヅクリが好きなんです」と話す宮森さん。
金属加工業も、カフェづくりも基本的には同じ。それでも、お店を軌道に乗せるまではかなり苦い思いをしたといいます。
「開業までにはかなり時間をかけて勉強しました。カフェめぐりもしましたし、チェーン店で働いて仕事を覚えたり・・・」。
内装をはじめテーブルやイスなどのインテリアは、宮森さんが自身のイメージを伝え、デザイナーさんと一緒になって作ったそうです。
「実際に開業してみると、想像以上に大変でした。試行錯誤の連続で、二ヶ月くらいで体重が6キロちかく落ちたりしました。
営業形態も状況に合わせて変えて、今はランチから夜までという形にしています」。

ここに見出しを入れる

【cafe beato】ラテお店に来るのは、上野周辺に勤めている会社員や地元のお客さんが多いといいます。
「メニューはスタッフと相談しながら考えていますが、試作を食べてもらって常連さんに意見を聞いたりしています。特にランチは日替わりですから、飽きられないようにいろいろチャレンジしています」と話す宮森さん。

地元とのつながりは、「cafe beato」に欠かせないもの。
オリジナルのコーヒーカップは、地元の知人経由で仕入れているそうです。

「お店を続けていると徐々に常連さんが増えていって、信頼関係が深まっていく。そこにやりがいを感じますね」。
と笑顔で話す宮森さん。

 

上野ならではの人情とつながりが感じられるお店です。


1 / 2
更新日:2009.04.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ