さまざまなニーズに対応する料理自慢のお店CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO

上野・不忍通りにある「CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO」。純喫茶からスタートし、変わりゆく街の中で、形態を変えながらも長年その場所に在り続けているお店です。

スタートは純喫茶

【CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO】外観上野公園、不忍池の近くにもともと純喫茶としてスタートしたお店「たんぽぽ」。オープンは60年以上前という、上野でかなりの老舗店。街の移り変わりとともにいろいろな変遷を経て、現在の「CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO」に業態変更しました。店内は、黒をベースとした落ち着いたバースペースと、ベージュをメインにした喫茶スペースに分かれています。「散歩ついでにちょっとお立ち寄りになるというお客さんが多いですね」と副店長の原嶋さん。お花見シーズンには多くの人がやってくるそうです。

レパートリーの豊富さが自慢

【CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO】店内カフェ&バーとはいえ、海鮮ものから炭火焼まで本格派の料理が自慢のお店。
喫茶店時代から続く名物のオムライスやハンバーグだけではありません。10年以上の経歴を持つ和食の料理人が腕をふるいます。

夜の雰囲気も楽しんで

【CAFE&FOOD’S BAR TANPOPO】店内2夜になると、昼間と雰囲気が一変します。ビール、サワー、カクテルはもちろん、日本酒や焼酎の品揃えも充実していますので、カウンターでじっくりとお酒を飲むこともOKです。お酒のおつまみもかなり充実しています。店内に設置されている大画面の液晶テレビでは、映画やミュージックビデオが流れています。もちろん、スポーツの試合観戦も出来るそうです。


明暗混在という感を受ける不思議な雰囲気のお店ですが、 不忍池の散策ついでに立ち寄ってみるのもよいかもしれません。

 

1 / 2
更新日:2009.04.30 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ