上野で味わう自家焙煎のコーヒーカフェ ラパン

上野の中央通りから小道を入った場所にある「カフェ ラパン」。店先には焙煎機があり、毎日挽き立ての豆を使用しています。一杯づつ丁寧に淹れるコーヒーの味を求め、多くの人が集まります。

「オリジナル」へのこだわり

1991年にオープンした「カフェ ラパン」。
御徒町の喧騒から少し外れた場所にある喫茶店です。 

【ラパン】焙煎機

店頭には焙煎機があり、店内にはコーヒーの香りが
広がっています。
豊富な種類のコーヒー豆が並び、ストレートはもちろん、
オリジナルブレンドにもこだわります。

サンドイッチとケーキも自家製

平日はサラリーマンや男性の姿が多く見られます。
「店内は喫煙可能なので、一服がてら
コーヒーを飲んでひと休みに来る方が多いです」
と話すのはオーナーの高野勝茂さん。 

【カフェラパン】サンドイッチ
自家焙煎のコーヒーをはじめ、自家製ケーキやサンドイッチ。
お店オリジナルの商品を提供しています。

「上野」という場所で、コーヒーを

お店をオープンする前は、神田の喫茶店に勤務していたという高野さん。
たまたま縁があって、上野で「カフェ ラパン」を開くことにしたといいます。

【カフェラパン】コーヒー豆【カフェラパン】コーヒー

開店当初は上野という場所の客層が見えず、悩んだこともあったそうです。
時間とともに、自家焙煎のコーヒーの評判が広がり、ファンが増えていきました。

「うちの店にしかない味」を

7時から20時まで年中無休で営業。
オリジナルのコーヒー、ケーキ、サンドイッチを提供し続けています。
「うちにしかないものを出すようにしています」と話す高野さん。

【カフェラパン】店長

お店をやっていてよかったと思うのは、お客さんから「美味しい」と言われたとき。
その一言を支えに、職人気質を貫き独自の味を守り続けています。

「カフェ ラパン」オリジナルの味を求め、今日も多くの人が訪れます。

 

 

 

 

 

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ