特有の重みと気品を感じる浪漫喫茶古城

上野駅から徒歩1分の場所に半世紀以上、営業し続けている喫茶店「古城」。先代がデザインした店内にはステンドグラスやシャンデリア、アールデコの装飾。時の流れを感じさせない空間でゆったりとしたひとときを。

先代がデザインした”宝箱”

レストランを改装し、高級志向の純喫茶として
1963年にオープンした「古城」。
入口にはロシア皇帝をモチーフとしたステンドグラス。

階段を下り、店内へと踏み出すと、
大理石の暖炉や豪華なシャンデリアに目を奪われます。

【古城】暖炉


オーナーの松井京子さんの父親である先代がデザインした
インテリアはすべてオーダーメード。
「内装はすべて開店当時のまま。変えられないんです」
とゆったりした口調で語る松井さん。
当時、ウエイトレスは着物で接客。珈琲には抹茶と羊羹を添えていたそうです。年代もののアンティークカップは今も変わらず使われています。

【古城】カップ

時代の流れとともに

喫茶店ブームが過ぎ去り、淘汰された時代。
営業スタイルも変えざるをえなくなりました。
「昔の純喫茶は食事がなかったけど、そうも言ってられなくなって。昔から珈琲ゼリーはありましたけど、今ではモーニング、ランチではお弁当も出しています」と明るく話す松井さん。

試行錯誤しながら作ったメニュー。中でもナポリタンや日替わりランチは好評だといいます。
「お店の年数って大事ですよね。うちはお客さまの層は若い人からご高齢の方まで幅広い。
私だけではどうしても世代間の違いが出てしまうので、若いスタッフに聞きながら、時代にあわせてメニューも変えるようにしています」。

【ナポリタン】

古きよきものを見直す兆し

上野という場所柄、サラリーマンやOLなどの姿が店内に多く見られます。最近はリピーターだけでなく、店を訪れる若い人の姿も増えてきたといいます。
「お店をずっと守ってきましたが・・・、今では『父の作品』として評価されているのかな、と思うことがあります」と話す松井さん。
お店が映画やドラマの撮影場所になったり、ライブ演奏の舞台として使われる機会も増えているそうです。
「このお店の存在をもっと多くの人に知ってもらいたい。そして、次の世代にも遺していけたらと思っています」。

【オーナー】

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ