思わず立ち寄りたくなるレトロカフェ松竹堂cafe

本郷三丁目、春日通り沿いにある「松竹堂カフェ」。床やテーブルなど、木目をいかした店内には昔ながらの食器棚や古時計。ふらりと、ごはんを食べに立ち寄りたくなるレトロカフェ。

不揃いな中にあるレトロ感

2005年にオープンした「松竹堂カフェ」。
春日通りに面した、「松竹会館」と書かれたビルの1階にあるお店です。
店内には不ぞろいのイスとテーブル。どこか懐かしさを感じる空間が広がります。

【松竹堂カフェ】店内

ちゃんと、ごはんを。

【松竹堂】food提供するのは素材にこだわり、手間隙かけた『ごはん』。
カレーやハヤシライス、定食「今日のごはん」など、メニューもレトロ。
五穀米や野菜など、身体にやさしい食材を中心にしています。
一食で多くの食品がとれる、栄養たっぷりのランチは学生、会社員を中心に好評。
仕事帰りに夕飯を食べに来る、ひとりごはんの女性客が多いそうです。

「のんびり、くつろげる」空間を

【松竹堂】店長高野巧市廊さんがお店を始めたきっかけは
「のんびり、くつろげる空間を作りたかったから」。

飲食店に勤めていた高野さんは、「たまたま」
縁あって本郷にカフェを経営することに。
地元も近かったため、使っていなかった時計、食器棚や家具などを運び入れて開業したそうです。
「温かい雰囲気のお店にしたいと思っていました。
イスは、あえて不揃い。その方がいいと思って」。
目指したのは、居心地のよい場所。
そのために真新しいもの、整い過ぎたものより、少し外したものを。

結果、生活感のある、懐かしい空間になりました。


古き良き「ちゃんとした」生活

【松竹堂】店内2高野さんが大事にしているのは
「美味しいごはんと、美味しいコーヒー」。

「自分が疲れた時にのんびりしたい場所、
落ち着ける場所を求めて、今のお店の雰囲気になりました。」と話す高野さん。
店内に置かれた家具、小物や食器類はすべて
高野さんの見立てだそうです。
お店を気に入り、定期的に通う常連さんの姿も多いといいます。

「やってて良かったと思うのは自分がいいと思う空間を共有したり、共感する人がいてくれた時ですね。全員から共感を得ることは難しいかもしれないけど、うちの雰囲気と食事を気に入ってくれる人がいたら嬉しいです」。


心を込めて、ちゃんと料理したものを、ちゃんとした空間で、ちゃんと提供する。
温かく、懐かしい生活感が漂うお店です。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ