猫とジャズと、ミステリーと。乱歩゜

千駄木駅・団子坂出口より308歩。猫のモチーフが印象的な古びた喫茶店「乱歩°」があります。ミステリー愛好家のマスターが蒐集した舶来ものの仮面や置物が溢れ、店内は一種怪奇的な雰囲気。まるで物語の舞台にいるかのような錯覚を覚えるお店です。

ミステリーの舞台、団子坂にある喫茶店

地下鉄千代田線・千駄木駅から地上に出た場所にある団子坂。
かつては菊人形の名所だった場所で、ミステリーの巨匠・江戸川乱歩の
小説の舞台となった場所でもあります。
その坂沿いにある喫茶店「乱歩°」。

【乱歩】店内1

活字中毒のマスターをサポートするのは・・・?

【乱歩】良介 店内のあちこちに、本が積み重ねられています。
さらにアフリカの仮面やインドの置物など、
舶来物の骨董品。
100年モノの古時計、そしてレコードプレーヤー。
江戸川乱歩をはじめとするミステリー、猫、ジャズ愛好家であるマスターが切り盛りしています。
白髪のマスター・鈴木稔さんをサポートしているのはフロアマネージャーの二代目良介さん。
活字とアルコールに目がない鈴木さんを日となり陰となり、支えてくれています。
「乱歩°」の宣伝・広報マンとしても活躍し、お店にやってくる人たちにも大好評。 よく写真撮影をせがまれることもあるのだそうです。

読書に最適な居心地とコーヒー

【乱歩°】ケーキ サイフォン式のコーヒーに、ブルーベリーソースのかかったレアチーズケーキが定番の人気。
お店に来る人の多くは、リピーター。
「2時間から3時間ちかくお店にいらっしゃるお客さまもいます」と話すマスター。
最近は少しづつ客層が変化しているといいます。
「フランスや韓国、台湾から来る方も。海外の東京案内ガイドブックに載っているらしくて」。
店内の落書き帖には、国内は北海道から九州、そして海外からの観光客の書き込みが見られます。




ギャラリーも開催。テーマはもちろん「猫」

【乱歩°】店内猫写真店内の一角にはギャラリー。
そこには猫をテーマにした作品が並びます。
本やアンティークで雑然としつつも、お店の不思議な魅力に吸い寄せられるアーティストも多いといいます。
「昔からのお客さまは絵や写真関係の方が多いですね。それでお店で個展をやりたい、という話が出て。基本は展示のみですが、不定期でギャラリーをやっています」と鈴木マスターは言います。


馴染みの常連客には著名なアーティストや作家の名前があがります。
時には映画やドラマの撮影に使用されることもあるそうです。

猫とジャズ、そしてミステリー愛好家には、垂涎の喫茶店です。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ