しあわせの玄米ごはんの店谷中カフェ

千駄木駅から三崎坂沿いを少し歩くと見える趣のある古民家「谷中カフェ」。食材と調味料に徹底的にこだわり抜いた「美味しく、体によい手づくり料理」が自慢のお店です。

長屋ならではの温もり感

千駄木駅・団子坂出口から徒歩1分の場所にある「谷中カフェ」。
看板やメニューは手書き、長屋の佇まいを残す木のテーブルや椅子。
いたるところに、素朴で昔懐かしい趣きが感じられます。

【谷中カフェ】店内1

自然のエネルギーを取り入れて

【谷中カフェ】デザート2002年にオープンした「谷中カフェ」が徹底的にこだわるのは「食」。
自然耕法で作られた玄米100%を使用。
肉・卵・乳製品を使用せず、食材は契約農家から
直送される有機野菜と魚、豆や海草がメイン。
調味料も自然塩、天然醸造の大豆から作られた
しょうゆ、菜種油を使用。コーヒーは無農薬豆を深煎りし、
紅茶、抹茶も有機栽培の茶葉を。
ごはんものはもちろん、葛や蜂蜜、飴など自然の甘みをつけたデザートも好評です。

家族のピンチが転機に

【谷中カフェ】店長「谷中カフェ」の店主、松田ゆりさんが「食」にこだわるようになったのは、あることがきっかけだといいます。
「家族が病気になったのが転機でしたね。それから自然食に切り替えて。医食同源。食事で治していこうと」。
食べることを見つめ直し、職業としても飲食の道を選んだといいます。「10代の頃から自然食のお店をやりたいと思っていましたね」。
インターナショナルスクールでの調理師勤務を経て、開業。
「準備期間は特にありませんでした。オープン時はそんなにお客さまも来なかったので、自分も手を加えて改装しました。キッチンが狭かったので広くするためにカウンターを作ったり。ほとんど手作りですね」



自然食をもっと身近に

【谷中カフェ】2階 漬物、梅干から、パンやケーキ、アルコールまで全て手作り。自家製の果実酒も取り揃います。
さらに休日は提携農家のお手伝いなど、自ら生産の現場へ足を運んでいるそうです。
「農作業のお手伝いをしてくださる方、募集しています!」と松田さんは話します。

第3日曜日に朝市を開催したり、日曜日の夜にキャンドルナイトをするなど、イベントも随時行います。「現在はお店の2階で英会話教室やリフレクソロジーをやっています。お客さまにもっとお店を知っていただく機会を増やしたいですね。自然食は毎日食べると美味しいものだから」と笑う松田さん。

「美味しく、食べて、健康に」身体にやさしくなれるお店です。

1 / 2
更新日:2008.08.31 取材・編集:UMI

↑ ページトップへ戻る

トップへ戻る
Special Issue
東京の夜カフェ特集
Cafe Area
渋谷カフェ
下北沢カフェ
新宿カフェ
吉祥寺カフェ
神楽坂カフェ
池袋カフェ
秋葉原カフェ
品川カフェ
高円寺カフェ
浅草カフェ
日本橋カフェ
六本木カフェ
原宿カフェ
阿佐ヶ谷カフェ
中野カフェ
五反田カフェ
お台場カフェ
上野日暮里カフェ
谷根千カフェ
Menu
TOP
カフェ辞典
カフェ飯レシピ
カフェ開業Q&A
コーヒー大辞典
Site Guide
このサイトについて
スタッフ募集
カフェオーナー様へ
サイトマップ
プライバシーポリシー
免責事項
広告募集
運営団体
お問い合わせ